ガーデニングを始めるなら【植物の育て方を知ろう】

とてもかわいい観葉植物

植物

ポイントを押さえましょう

最近、手軽に始められてあまり手のかからないガーデニングとして人気の多肉植物はコツさえつかめばだれでも簡単に育てられます。まず多肉植物の特徴について知ると適切な育て方ができることでしょう。多肉植物は葉に水分を蓄えた植物のことで、サボテンの類になります。サボテンというと乾燥や熱さにとても強く、あまり水を必要としないイメージがあるかもしれません。そのように、多肉植物は葉に水分を蓄えることができるため、乾燥に非常に強く、反対に過剰な湿気にとても弱い植物です。それで、育て方のポイントとしましては、水はけのよい土を選んで植えることが大切です。少ししわがよってくるくらい水を切らしてから、たっぷりお水をあげることの2点が重要です。まず、土の選び方ですが多肉植物やサボテン用にブレンドされた土を使うこともできますし、観葉植物用の土に赤玉土や鹿沼土などを混ぜて自分で作ることもできます。また、肥料を効かせすぎますと、どんどん大きくなってゆくので、適宜調整すると良いでしょう。また、水やりに関しましては、種類により、夏型、冬型、春秋型と成長の季節が異なります。多肉植物の成長期には水を必要としますので、水を切らせすぎないように注意しましょう。また逆に寒い時期や暑い時期など、成長期でない時期には、水をやりすぎることのないようにすることが、枯らしてしまったり、蒸れて腐れてしまったりすることなく多肉植物を育てられるコツです。普通の観葉植物と少し異なりますので、育て方に慣れるまで少し戸惑うかもしれません。適切な育て方を習得しますと、多肉植物は非常に手軽で、ぷりぷりのかわいい姿をいつまでも保ってくれ、紅葉などの変化も見せてくれるとても面白い植物です。